ネットショップをスタートするにあたり、実店舗で売っているものをネットショップで通販したい場合や、販売実績はないけれども手作りの商品を売りたい場合など、すでに手元に商品がある場合はいいのですが、まだ販売する商品がない場合は、自分で商品を用意しなくてはいけません。

 

ネットショップでは、販売する商品が多い方が販売機会も増えます。数が少なかったり、すぐに在庫がなくなってしまったら、せっかくの販売機会を逃してしまうこともあります。一度、この店はいつも品切れだ…とか、全然欲しいものがない…思われてしまうと、そのお客様は二度と戻ってこないなんてことも。

 

そのため、今は十分に商品が手元にある場合も、常に仕入に対しては気を配る必要があります。

 

ネットショップの運営を左右する商品仕入れのコツについてお伝えします。

 

商品仕入れの基礎知識

ネットショップで売る場合、良くも悪くもお客様は簡単に「商品比較」ができてしまいます。特に価格に関しては敏感です。

 

仕入れの値は商品価格にダイレクトに影響するので、いくらで仕入れるのか?はとても重要です。もし仕入れ値が定価や市場価格とほとんど同じになってしまっては、利益を生む販売ができないので、続けていくことは困難です。


適正な仕入れ値であること、値付けに見合った商品を販売してくれる卸問屋などを見つけるよう、1社だけで決めずにしっかり見積もりを取り、条件を比較検討してください。

 

また、どこでも手に入るものは価格競争に巻き込まれやすいので、当然より安い値段で販売するショップが有利です。いわゆる薄利多売という状態ですが、それだけ安いものを大量に仕入れるには、安定した仕入先を確保する必要が生じます。

価格競争に巻き込まれたくなければ、他の商品やネットショップと差別化を図るためにも、オリジナリティのある商品を仕入れて販売することが必要です。

Step1 市場調査を行う

売りたいジャンルや商品について、すでに販売されている商品または類似品などがないか、市場調査を行います。具体的には、

  • ネット上での相場はいくらくらいか?(価格)
  • 実際にどのくらい売れているのか?(ニーズ)
  • 販売しているショップはどのくらいあるか?(競合)
  • 類似品はあるか?
  • 商品の評判はどうか?(満足・不満)

これらの調査を行い、商品そのもののニーズや可能性、また他社とはどう差別化すべきかを考えます。

 

 

Step2 仕入先を探す

仕入れ商品を探す方法をしては、以下のような方法があります。

  • 身の回りのものやお店から探す
  • 商品展示会で探す
  • 他のECサイトを調査してみる
  • 仕入れサイトを探す

 

身の回りのものお店から探す

 

気に入っている商品やすでに手元にあるものを販売したいと思った場合、商品パッケージには製造元、販売元等の情報があるので、連絡を取って卸価格での購入が可能かどうかを確認をしましょう。

 

この方法ならば、またまだ手元になくてもお店に出向いて商品を探すことができます。

 

 

商品展示会で探す

 

大都市圏では、販売者向けの展示会や見本市が毎年多数開催されています。
大きな展示会になると多種多様なジャンルから商品が数多く出展されているので、実際に足を運んで仕入商品を探すことが可能です。


商品仕入れのための展示会として有名なのは、株式会社ビジネスガイド社が開催している「ギフトショー」という展示会があります。


「ギフトショー」というネーミングですが、贈り物の展示会というわけではなく、食品、雑貨、美容器具、化粧品、健康用品、アパレル、ペット用品、家具など、様々なジャンルの商品がずらっと並んでいます。

https://www.giftshow.co.jp/tigs/

 

 

 

他のECサイトを調査してみる

 

すでにあるネットショップやマーケットプレイスで自分の関心のある商品を見て、調査する方法もあります。例えばショッピングモールとして有名な楽天市場を見ると、売れ筋商品の傾向がわかります。

 

実際に気になる商品があれば取り寄せて、販売元や製造元などが確認できます。

ただし、ランキング上位にあるような商品は、すでに競合がひしめいていることも多く、価格競争になている場合もあるので見極めが必要です。

 

楽天市場

 

 

仕入れサイトを探す

 

メーカーや問屋などからインターネット上で商品を仕入れることができる「仕入れサイト」もあります。

 

仕入れサイトに登録をし、楽天やアマゾンのようなショッピングモール感覚で商品を探して仕入れることができるので便利です。

また、仕入先と直接決済をしなくてもいいので、支払いのトラブル防止や、まだ開業前で実績や信用がなくても取引ができるというメリットがあります。

 

スーパーデリバリー(株式会社ラクーン)

 

ネッシー(株式会社 SynaBiz)

 

 

B2Bマーケットプレイス「クムクム」(クムクム株式会社)

 

※わたしスタイル総研はクムクムの正規代理店です。
「クムクム」にて仕入れをお考えの方、
出店をお考えのサプライヤーの方もお気軽にご相談ください。

商品仕入れ成功のコツ

商品仕入れの成功がネットショップの成功を決めると言っても過言ではありません。

仕入れ成功の秘訣については以下の5つが挙げられます。

 

本当に好きなものを仕入れる

売り手の気持ちというのは、ネットショップであってもお客様に伝わります。商品に興味関心がなければ、それなりの扱いしかできないので、商品のよさを伝えることは難しいでしょう。

 

本当に好きなもの、愛着のある商品ならば、お客様に積極的に勧めることができるし、商品説明やオススメポイントなども心のこもった文章になるでしょう。

 

商品を仕入れる際は、自分も使ってみたい!とか心から欲しい!と思える商品なのかを考え、それを手に取ったお客様が喜んでくれる姿をイメージできるのが望ましいです。

 


同業他社や競合ショップと差別化できる商品を仕入れる

自分の扱いたい商品と同じ商品、または似たような商品を扱っているショップを調査してみましょう。売れ筋商品やラインアップをみて、そのお店と差別化できそうなポイントを考えます。

差別化した際には、販売する際の見せ方も大切なポイントになります。


ニーズのある商品を仕入れる

自分が気に入っているものや、好きな商品とはいえ、本当にその商品を欲しいと思っている人がいなければ売上にはつながりません。特にあまり一般的ではないマニアックな商品の場合、愛好者がどのくらいいるのか、また実際に熟れているのかを調べ、ニーズがあるけれどもあまり販売されていない商品だったら、ニッチな市場を狙うことができます。


季節性や話題性に富んだ商品を仕入れる

季節ごとにあるイベント(お花見、クリスマス、ハロウィンなど)や、旬の話題性があるキーワードは、検索にかかりやすく、その関連商品は売れ筋商品になる傾向があります。そのためにも、ヒットキーワードやこれから流行りそうな商品は日々チェックして早めに仕入れるようにしましょう。


過剰在庫にならないように仕入れる

売り切れが続くのも避けたいですが、大量に在庫が残ってしまうと、経営を圧迫します。欲張ってあれもこれもと仕入れたり、仕入れロットの大きいものをいきなり仕入れるのではなく、自分のショップに本当に必要なものだけを仕入れるようにしましょう。